【2021年】自分優先の生活を送りたい

みなさん、あけましておめでとうございます。

メディアカウンセラーのおかちんでございます。

本年もよろしくお願いいたします。

さて、2021年最初のブログ記事更新ということで、今回は「自分優先の生活を送りたい」とテーマで書き綴っていきます。

主な内容はこちらです。

◎自分優先の生活とはどんな生活か

◎2021年何に興味をもって活動していくのか

◎「Okachin Style」の今後の方針

ブログ立ち上げ1年目は、とりあえずブログをWordpressで立ち上げたり、操作を覚えたりすることで精一杯でした。

普段の生活でも、新社会人として覚えることがたくさんありましたので、なかなか執筆する時間が取れなかったのもあります。

こう言ってしまうと、理由つけて言い訳している感じになっているんですが、その通りです。

今回の記事では、昨年までの反省も含め、2021年どういう方針でブログを更新していきたいのか。

また、自分優先の生活を送るためにどんなことを心がけていきたいか。

興味がある分野ごとにまとめていきます!

では早速いきましょう!

自分優先の生活とは、心弾む行動で時間を埋めること

2021年の生活において、自分優先の生活をするために、自分が活動していて心が弾む行動の時間をなるべく多く過ごすことを目標していきたい。

具体的にはこんな感じ。

  • 健康に気をつけ、思考をし続ける
  • 自己理解を深め、「選択と集中」をする
  • 学びのネットワークを構築する
  • 様々なメディアを使って、発信

それでは一つずつ紹介していきますね。

健康に気をつけ、思考をし続ける

身体は7年前に戻し、7年先を見通した活動をするために思考することを目標にする。

何をいっているのかよくわかりませんよね。

まずは身体の話から。

腹囲5cmマイナスを目指す

ここ最近、炭水化物を必要以上に取らないように制限をかけています。

そのおかげで、体重も60キロ台後半をキープし続けています。

一時期80キロぐらいまでいっていた身体からすれば、だいぶ落とした方かなと。

おかちん
おかちん

10キロ瘦せたのは今でもキセキ!

現時点でも頑張った方なのですが、筋肉量は減り、お腹のお肉が増え…。

いわゆるおじさん体型ってやつです。

元々太っていたこともあり、他の部位が減っても、お腹はなかなか痩せられていないので、変な体型であるのは変わりないんですよね。

なので、体重ももう少し減らしつつ、腹囲を5cmマイナスを目指したい。

期限は2021年7月まで。

新型コロナウイルスによって、もともとあまり運動しないことに拍車がかかり、今では全く動かない日もしばしば。

まずは運動習慣を身につけるために、ウォーキングからやっていこうと思います。

いきなり筋トレとか激しい運動したら、怪我するのは目に見えていますから。

あとは、思考について。

アウトプットする機会をシステムで増やす

昨年度はなかなか習慣がつかず、あまりアウトプットができていなかったです。

こればっかりは意識だけでどうにかなるわけではないので、主に2つの方法でアウトプットの量を増やすことにしました。

①「muute」というアプリで、感情と思考をアウトプットする

②このブログを使って、知識をアウトプットする

①のmuuteというアプリですが、2021年1月現在、ios版のみとなっています。

AIが思考と感情を分析してフィードバックをくれるジャーナリング・アプリ

muute公式サイト

以前「morning note」を紹介したのですが、書き出したいときに手軽にかける反面、なかなか1ページ分を埋めることが難しいことがあります。

特に寒くなってくると、なかなか布団から抜け出せない人もいるでしょう。

おかちん
おかちん

ちなみに僕は、布団から抜け出すのに30分はかかります。

そうなってくると、手書きは時間を取るので、やること自体が億劫になってきます。

自分もこれはまずいなって思った時に色々探して、試してよかったのがこのアプリ!

時間があるときには「投稿」で、まずはFeelingの「どんな気持ち?」で、「Positive」・「Fine」・「Negative」の中にある色んな感情から気持ちを選択します。

そのあと、Thinkingの「何について?」で、「Person」・「Life」・「Hobby」・「Other」からどんなことについて書くのか選びます。

そうすると、投稿画面になり、詳細を書いていくといったシンプルな設計になっています。

書いて投稿すると、そのアプリ内で閲覧できるようになります。

投稿内容は1日、1週間、1か月のまとまりごとに、AIが内容を分析してくれて、「あなたはこんな言葉を使っているよ」とか「こういう感情が多かった」などの表示をしてくれます。

おかちん
おかちん

とはいっても、毎回文章を投稿するのは面倒くさいよ!

そんな僕みたいな人に、質問に「答える」といった機能もあります。

質問に答えるような感覚で、感情や思いを文章にして投稿することができるので、移動中やちょっとした時間にメモできるのがいいですね。

初めて数日ですが、アウトプットするために通知もくるので、サクッと質問に答えることで、感情や思考を整理することができます。

自己理解を深め、「選択と集中」をする

自己理解を深めることで、自分のやりたいことを明確になり、行動を選択及び集中させることできます。

とはいっても、自己理解をどうやって深めていくのか。

僕は具体的にこの方法で深めていこうと思います。

①メモの魔力1000問ノック

②世界一やさしい「やりたいことの見つけ方」の質問集

なんでこのタイミングで自己分析をやるのか。

それは大学・大学院時代に就職活動で必ずやるであろう自己分析をやってこなかったから。

これまでは恵まれたことに、目の前のことに集中しているだけで、人生なんとかなっていました。

しかし最近になって、自分の好き/嫌い、そして得意/不得意が感覚としてわかりつつ、それを言語化できていないことに気が付きました。

それでどんなことが影響するのか。

何か改善したいと思っていても、原因や背景にどんなことがあって、どういう言葉を使えば、周りに正しく伝えられるのかわからないということ。

そうなってくると、メディアカウンセラーと名乗っているのに、うまく周りに伝えられなくなってしまう。

それだけは避けておきたかったことと、今後の人生に生かしていきたい。

そのために今年は2つの書籍から学びつつ、実践をすることにしました。

①メモの魔力1000問ノックに挑戦する

『メモの魔力』は、2018年に出版された書籍です。

『メモの魔力』を買った当初、すぐに手帳を買い、メモを実践していました。

本書に載っている1000問の質問についても、最初の30問ぐらいまでは答えた記憶があります。

しかし、時は流れ…。

いつの間にか、放置していました。

おかちん
おかちん

そういうこともあるよね(笑)

というわけで2021年、自己理解を深めていくために、『メモの魔力』の特別付録、「自分を知るための自己分析1000問」に挑戦していきたい。

②世界一やさしい「やりたいことの見つけ方」の質問集に挑戦する

『世界一やさしい「やりたいことの見つけ方」』は、2020年に出版された書籍です。

この本をしるきっかけになったのは、新R25のYouTubeチャンネルで、著者である八木さんが出演されている動画を見たことから始まります。

著者である八木さん本人も、自分探しに悩んだ時期があり、さまざまな自己理解の書籍やセミナーを受講されたと語っていました。

そんな方が本当にやりたいことを見つけるため、独自の「自己理解」に取り組まれているとのことで、書籍を昨年読みました。

この本にも特別付録のような形で、「大事なこと」、「得意なこと」、「好きなこと」のそれぞれで30の質問が用意されています。

こちらについても、2021年は自己理解を深めていきたいので、挑戦しようと思います。

自己理解に関しては、ちょこちょこブログでも発信していこうと考えておりますので、ぜひ温かい目で応援していただければ幸いです。

学びのネットワークを構築する

2020年は割と、個人で活動することが多く、色んなことに挑戦してきました。

その中で、やはり学ぶことは生涯続けていくことだと感じました。

本質的な部分を理解しつつ、多様な幸せについて考えていくことは重要だし、考えていく上で、仲間っていうのは欠かせない存在です。

色んなところに顔を突っ込んでいますが、昨年は浅かったことから、2021年は自らそういう場所を構築できればと考えています。

また、詳しいことが決まりましたら、どんどん告知していこうと思いますので、よかったら一緒に活動していただければ嬉しいです。

おかちん
おかちん

学びで人生を豊かに!

「Okachin Style」の今後の方針は、「子育て心理学」「メディアカウンセリング(教育)」「日記」

さまざまなメディアを使って発信していく中で、「Okachin Style」では、次の3つのテーマに特化したブログ記事を書いていきます。

  • 子育て心理学
  • メディアカウンセリング(教育)
  • 日記

それぞれ簡単に説明していきます。

「子育て心理学」の記事について

子育て心理学とは、子育てに役立つ心理学を紹介していく内容にしていきます。

勉強してほしいやお友達と仲良くしてほしい、「こういうときってどうすればいいのか」など、お子さんを育てているお父さんお母さんに向けて、役立つ心理学をお届け。

こんなことを言っている僕ですが、子育て経験はありません。

ですが、学校現場や福祉施設などで、子どもの学習や心の支援を数多く行ってきました。

なので、子どものリアルな考えもよく聞きますし、保護者のこうなってほしいと思いもよく聞きます。

僕もいずれ、育てていく立場になっていくことでしょう(たぶん・・・)

そういった、これから子育てを経験するかもしれない世代である僕が皆さんと一緒に悩む。

そして大学院時代に教育心理学を学んだ者として、子育てにこう使えば役立つのではないかということを発信できればと思います。

おかちん
おかちん

一緒に子育てを考えていきましょう!

メディアカウンセリング(教育)の記事について

メディアカウンセリング(教育)の記事では、スマホやタブレット、ゲームなどといったメディアに関する日頃の悩みや問題を、ある時はカウンセリング的にどう対応すればいいのか。

また、ある時には保護者や大人も一緒に考えて、子ども達にどう教えていけばいいのか。

スマホ教室などの講師も務めた経験もあるおかちんが、メディアカウンセラーという立場から皆さんに発信できればと思います。

おかちん
おかちん

できるだけ皆さんに寄り添った発信ができればと思います。

日記について

「子育て心理学」や「メディアカウンセリング(教育)」に当てはまらない記事については、日記という形でぼちぼち発信していきます。

自己分析や自己理解、プライベートな目標(ダイエットなど)の経過などは、日記というテーマの中で紹介できればと思います。

おかちん
おかちん

応援よろしくね!

まとめ:自分優先の生活ために発信する!

2021年は自分の内面を見つめなおす機会を増やしながら、さまざまな活動や発信をしていきたいです。

「Okachin Style」では、「子育て心理学」や「メディアカウンセリング(教育)」を中心に、どんどん発信していきますので、定期的に遊びに来ていただけると嬉しいです。

また、Twitterもやっていますので、こちらもフォローやチェックいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました